読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Menhera side

CindⅢ site メンヘラマシマシ

スポンサーリンク

「扁桃腺切除も視野にいれてください」#シンディの夏風邪2016

日記

いやあ、大変でした。夏風邪引きました。夏風邪っていうか扁桃炎でした。非常に消耗したし、大きな損失が出ました。

何より本日出展予定だった真夏のデザインフェスタへの出展を中止せねばならなくなったことが本当に大きすぎて今でも泣きそう。でもね、ひとりでやってると代わりの人がいないんだよね。

 

木曜日の夜

ホームレスみや氏、やぎぺー弟のレンタ氏を家に呼んで歓談。レンタ氏は日付が変わった頃帰宅、みや氏はうちで寝ていった。

この頃はまったく違和感なし。

 

金曜日の朝

みやを早朝に送る。身体が重いと感じるも、睡眠不足だからだろうと思って二度寝する。

9時半頃再度起床。身体中のリンパ節に違和感。熱はかる。

f:id:cindIII:20160828102303j:image

あっ(察し) 38.1℃です、、

レンジでチンするご飯を1食完食するのがキツい。

もう手遅れだけどパブロン3錠飲んで寝る。

 

金曜日の昼

起床。喉が痛い。扁桃炎疑惑。

ただ、エアコンを弱くつけたまま寝ていたので、エアコンを消してペラック2錠飲んで寝る。

母上に支援要請。ひたすら爆睡。

 

金曜日の夜

だるくてしょうがない。15時間くらい寝てた。コンビニに自転車で行ったら命の危機を感じた。

絶対地方には住みたくねぇと思う。

ひたすら栄養を取らねば、と、冷凍うどんをチンしてセブンプレミアムの照り焼きチキンと自家製温泉卵でいただく。パンもアイスも食べる。

昔からシンディ家にはフードファイターの血が流れており、風邪はひたすら物を食って治すものなのである。

お腹に物も入れたのでロキソニンを飲んで寝る。

この日は結局38.4℃が最高でした。

 

土曜日の朝

身体が軽い。やったあ!

f:id:cindIII:20160828102538j:image

熱もない!36.6℃だ!

と思った30分後にまた上がってきた。

f:id:cindIII:20160828103111j:image

37.7℃。まぁわたし平熱高いし微熱やな!

ここでわたしは判断を1つミスる。

お風呂に入った。

熱が上がった気がするけど無視することにした。そのまま病院(精神科・内科)をはしご。

東京無線の配車アプリでタクシーを自宅前に呼び、来るまでの10分で身支度。

精神科まで運んでもらう。ワンメーター+迎車=1040円。

精神科の診察。

まだ薬局が空いていないので、人通りの多い精神科付近でタクシーを拾って自宅近くの内科へ。ワンメーター=730円。

内科の診察。順番待ちの間に熱をはかる。

f:id:cindIII:20160828103457j:image

アカーーーーーーン!!!!(白目)

扁桃炎ですね、年齢の割に扁桃腺も大きいです。扁桃腺切除も視野にいれてください、とのこと。

だって39.4℃ですよ。明らか扁桃炎ですわ。

膿もつきはじめてて、扁桃炎特有のあの気持ち悪くてグロい白い穴ぼこが見え始めてきているとのこと。

ここでデザフェス出展を完全に諦める。

 

そして、内科と精神科の処方箋を持って薬局に行くと「精神科の薬ないです」と一蹴される。

シンディ、ネゴることにする。

 

「近隣の薬局で精神科の薬持ってるところはありませんか」

「他の薬局さんの在庫は把握していません」

「取り寄せはできないのですか」

「卸さんとの取り扱いがないので無理ですね」

「あの、どうすればいいんでしょうか(←39.4℃)」

「1番いいのは精神科さんの近くの薬局に行っていただくことですね」

 

これネゴっても無駄なやつだ。

はーーーーふざけんな。徒歩20分やぞ。タクシー乗って行ってきたんやぞ。なんのための全国どこの処方箋でも受け付けますだよふざけんな。精神科の薬はないですって書いとけよ。卸との取引がない?ふざけんな持田と田辺三菱とファイザーとエーザイのMR、ちゃんとここらへん管轄してるMSのところ挨拶行けよ。

まぁ土曜日にキレても仕方ないし、だったらわたしが自力で薬局探してやる、ということで内科の薬を用意してもらっている間に近隣の薬局に片っ端から電話。インターネット偉大。

そして精神科の薬Aを持っている薬局、精神科の薬Bを持っている薬局を特定し、Bを持っている薬局に「○○薬局がAを持ってるって言ってたんで取り寄せてください」と伝えて処方箋FAX(セブンイレブンから)。

ものすごく疲れたのでポカリと箱アイスを買って帰宅。食べて内科の薬を飲んで寝る。カキ氷系のアイスがうまい。

熱を測る。39℃変わらず。寒い。とりあえず寝る。

 

土曜日の昼

ゴッドネス母上降臨。

処方箋と保険証を渡して薬局に薬を取りに行っていただく。ついでに買い出しにも協力願う。

ロキソニンが効いて少し熱がおだやかになる。

その隙に母上が作ってくれたお昼ご飯。うどん、サラダ等。扁桃炎だっつってんのにひたすらおしゃべりをしてこちらの扁桃腺にダメージを与えてくる母上。

完全におしゃべりは母上譲りだと確信。

お昼ご飯を食べて昼の薬を飲んだら眠くなったので(赤子か)申し訳ないけど爆睡させていただく。

f:id:cindIII:20160828104947j:image

起きたら雑炊が完成していて母の姿はなかった。泣いた。

 

土曜日の夜

頭痛。明らかに水分不足から来る系の痛みだったのでポカリで緩和。ロキソニンと抗生物質がよく効いているのか熱がちゃんと引いてきたので、仕事の原稿に取り掛かる。なんとか期限内に脱稿。

母の雑炊が美味しすぎて涙が出てきた。

それでもまだ1番食べやすいのはアイス。喉の違和感は多少あり。小さいイチゴヨーグルトか何かも食べたと思う。

f:id:cindIII:20160828105219j:image

いろいろ合わせるとえげつない量になってた夜の薬を飲んで、今晩は風呂には入らんとこうと誓う。

さすがに寝すぎたのと、仕事でPC画面を見過ぎたからかなかなか寝付けず、溜まったメールの処理などをする。

 

日曜日の朝

そして今朝。

f:id:cindIII:20160828105604j:image

今度こそ平熱!!!

だるさは取れないので、今日は安静にします。

みんなのデザフェスツイートを見てるとすごく悔しいけど、仕方ない仕方ない。

これ以上ぶり返さないようにします。

 

そして扁桃腺切除の一時金(もろもろ合わせて20万円くらいあれば足りるかな)を貯めるために体調が良くなってからまたお仕事がんばります。

 

とんだ災難だったわ。

一人暮らしの夏風邪は怖いよ。みんな気をつけてね。

 

 

Cyndi.