読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Menhera side

CindⅢ site メンヘラマシマシ

スポンサーリンク

人の気持ちを推測する能力に欠陥がある

日記

f:id:cindIII:20170120074755j:image

わたしは、うつ病だ。

今いちばん困ってることは、うつ病だ。

特に理由がなくても辛くて死にたい。

身体が重くて仕事が手に付かない。

薬を飲んでもまだ症状に波がある。

負荷を少しかけるとすぐやられてしまう。

 

でもそれってすごく表面的な苦しみで。

とても分かりやすい。

わたしの生きづらさはもっと奥深くにある。

 

昔から人の気持ちが分からなかった。

周りの人との価値観のズレが苦しくて苦しくて仕方なかった。

仲良しの友達ができなかった。

できても、深い仲になれなかったし、なろうと思わなかった。

なりかたが分からなかったし、嫌なところを知られたくなかった。

(時々こっちが望んでないのに深い仲になろうとしてくる人はいて、そういう人はなんとなく受け入れていたら、勝手に期待されて勝手に裏切った扱いされて暴言を吐かれて、彼らは勝手に去っていった。定期的にある)

今は仲良しの友達がたくさんいる。

でも深い仲かと言われたらそうじゃない。

相手もそう思ってないと思う。

だから仲良くやれてんだと思う。

 

人とのコミュニケーション、改善しようと思ってずっと頑張ってた。

わたしのものさしで、わたしがされて嬉しいことをしたり、わたしがされて嬉しくないことをしなかったりすると、人は嫌がる。

それを覚えた。

自分は信用ならないことが分かった。

なので、普段の人付き合いは、ちゃんと浅い関係を保てる人を選ぶようになった。

表面上楽しくやれてればお互い楽しいのなら、それでいいじゃない、と。

だからずっと寂しかった。

 

こんなわたしにも、色々お話をした上で、たまに好きだと言ってくれる人がいた。

嬉しかった。彼女になってほしいという。

そういう深い関係になった相手には、ちゃんと聞くことにした。

どうしてほしいのか。

わたしはどうするべきなのか。

ちゃんと相手の話を聞くようにした。

そうすると相手は「○○してほしい」と言ってくるので、わたしはそれを信じて、その通りにした。

大体の人とは価値観が合わないので、「○○してほしい」は結構辛いんだけど、せっかく人が「○○してほしい」と言ってくれたんだから、その通りにした。

頑張らなきゃいけなかった。

我慢しなきゃいけなかった。

でも頑張ったし我慢した。

たまにそれを褒めてもらうことで、我慢して頑張り続けようと思った。

相手はわたしに「○○してほしい」のだから、我慢して頑張り続けることを望んでるのだと思った。

でも、頑張ることや我慢することは、相手にとって負担らしい。

これは今でもよく分からない。

わたしは相手が我慢して頑張ってわたしの「○○したい」に応えてくれて、それでいいんだ幸せなんだと言ってくれるのなら、そんなに嬉しいことはないから。

わたしのために頑張ってくれたり、我慢してくれたりする人は、愛おしい。

相手が苦しそうで、それを救いたい気持ちがわたしの「○○したい」を上回ったら、もうやめてもいいよ、あなたが苦しそうなほうがわたしもきついから、と言う。

だから、いわゆる世間一般の人の気持ちが、よくわからない。

 

もう1つパターンがある。

「シンディは笑っててくれればいいよ」

「そのままのシンディでいいよ」

という感じのことを要求されることがあった。

なるほど、わたしが幸せでニコニコしてればいいのか、と思った。

わたしは、褒められたかった。

常に話を聞いてほしかった。

今日はこんな仕事をしたよ、だと意味が分からないだろうから、今日は仕事がこんなにできたんだよ、褒めて!って言って、褒めてもらっていた。よしよしって。

そしたらわたしはすごく嬉しくて、ニコニコになって、こんな褒めてくれる大事な彼氏ともっと幸せになりたいなと思って、また次の仕事を頑張れた。

でもそれも負担らしい。

よく分からないが負担ならそう言えばいいのだ。

そうしたらわたしは相手を好きだから、気持ちを抑えることはできる。

なのに彼らは負担だって限界まで言わない。

これもわたしにはよく分からない。

 

でも、これはわたしがやりかたを改善したほうがいいらしい。

ズバッと聞いて言わせて言質取るんじゃなくて、相手の考えていることを、察するまではいかなくても、少しずつ観察したりジャブを入れたりして、分かってあげる力をつけたほうが、大切な人はわたしを嫌いにならないで済むらしい。

 

分かった。

じゃあ、そうするね。

 

具体的な方法も提案してくれた。

カウンセラーさんに相談してみたらどうかって。

そうするつもり。

 

わたしは、ADHDだけじゃなくて、アスペルガー症候群のグレーゾーンの診断もついている。

コミュニケーションを取るのが難しいのはお墨付きだ。

自分なりに頑張って、昔よりかは対話で少し解決できるようになったけど、次はそのもうひとつ上の段階、人の気持ちを推測する 力がどうやら必要らしいのだ。

それがないと、好きな人は、わたしに疲弊する。

そんなのやだ。

うまくなりたい。

生きやすくもなりたい。

 

うつ病の諸症状に隠れてしまっていた、

こんな生きづらさを、

打開せないかんタイミングになってしまったようです。

 

わたしは人は1日で変われると思ってるんだけど、多くの人によると人は1日じゃ変わらないそうです。

よく分かんないけどそうらしいです。

 

つらいな。

つらい。

ほんとにつらい。

もう何もかもやめてしまいたい。

そんなことはできないので、

今日も生きます。

 

Cyndi.